40歳からの転職を始める方法|必須情報レポート

*

40歳からの転職を助ける5つの流れ

 40歳の転職希望者は、当たり前のことを当たり前のようにこなしていけば、転職に大失敗してしまうような事態にはならないはず。

 でもこの、「当たり前のこと」が意外と難しくもあります。せめてそれが何なのかを知っておきましょう。それだけで転職後の人生の良し悪しが決まってくるものです。
 

目標を明確にした計画が大切

 当たり前のことですが、転職準備次第で転職の結果は大きく変化します。どこに向かおうとしているのか、どこに向かうべきなのか。

 こうしたことを確かなものにしておきましょう。そこがブレてしまうと、どの作業も中途半端となり、良い結果がついてきません。

【参考記事】
40歳ならどう計画をたてる?
市場価値を知って対策をたてる
在職中と退職後、どちらを選ぶ?
40歳からの転職は体調管理も万全に
 

情報収集が転職のカギ

 スマートフォンなどの携帯端末でも利用できるような求人情報サービスを活用し、情報の集め漏れがないようにしましょう。

 年齢的にそこまで不利とはなりませんが、それでも30代の方が有利なのは間違いありません。そうした若い人たちに負けないためにも情報は逐一、そして詳細に集めておくべきです。

【参考記事】
求人情報媒体それぞれの特色
転職エージェントだからできること
転職サイトはスカウト機能に期待

 

セールスポイントが明確な応募書類を作る

 応募先に一番知ってもらいたいことは何か、セールスポイントとなる部分はどこか。これらをまとめてから応募書類を作成しましょう。

 ただ欄を埋めていくだけの作業では、やはり若いライバルたちに勝つことは難しくなってきます。焦点を絞り、そこから魅力的な見せ方を工夫して仕上げていきましょう。

【参考記事】
履歴書で見られるポイントとは
職務経歴書で見られるポイントとは
応募書類の送り方

 

プレゼン能力を高めて面接でしっかりアピールしよう

 面接でもセールスポイントを明確にしておくことと、その伝え方を工夫することが重要となってきます。

 書類は試行錯誤の末に提出できますが、面接はそれが難しいことも知っておきましょう。だからこそ練習を重ね、対策とともに自信を深めておくことが必要です。

【参考記事】
40歳が気を付けたい面接マナー
40歳が語るべき志望動機
40歳の面接対策

 

再スタートを切るための円満退職

 退職は、理由を考えそれを伝え、引き継ぎを行い適切な挨拶を方々にしなければなりません。やることは意外と多く、そして大変なんです。

 転職で手一杯となり退職は適当に済ませる、なんてことがないようにしましょう。

 良い関係で辞めるからこそ気持ちよく転職でき、スムーズに再スタートを切ることができるのです。

【参考記事】
円満退職をするために
入社を決めるチェックポイント
途中入社だから注意すべきこと
「この転職は失敗だった」と感じた時、更なる失敗をしないために取りたい行動
今の会社から引き止めにあったらどうすればいいの?
退職時には有給消化をしておきましょう

 

公開日:
最終更新日:2015/12/03