40歳からの転職を始める方法|必須情報レポート

*

40歳からの転職は体調管理も万全に

   

40歳での転職だから大切なこと

 40歳の転職希望者を中途採用するにあたって、企業は即戦力として成果を残すとともに、将来、管理職として組織を運営していることを期待しているものです。生え抜き社員ではないからこそ、社内で自分のポジションを確立し、働きやすい環境をつくるためにも、体調管理をしっかり行い、遅刻・早退・欠勤がないようにすることが大事です。

 どんなに魅力的なキャリアや実績があったとしても、体調面に不安があるようでは、企業は採用のメリットを感じません。もし持病があったとしても、日々の体調管理をしっかり行うことで、業務に支障がないようにするのは、会社員として当然なことです。

体調管理はセルフコントロールの一環

 体調管理がきちんとできるひとに優秀なひとが多いのは、セルフコントロールに長けているからです。残業や早出、休日出勤がないように、勤務時間内で業務を効率的に終わらせる方法を考えたり、時間管理を徹底できるひとは、健康維持にも注意を払って生活していることが多いのです。

 体調管理の基本は、規則正しい生活習慣を続けることです。栄養バランスのとれた食事と質の良い睡眠、適度な運動が基本となります。

 1日の中で必要な栄養素を摂る、睡眠時間より熟成できる環境を整える、スポーツジムに通えなくても歩く量を増やすなど、日常生活で運動する機会を増やすなど、すぐに始められることはいろいろあるはずです。また、40歳ともなると、ストレスコントロールも大事なポイントです。

 オンとオフをしっかりつけて休養をとる、没頭できる趣味を持つなど、プライベートの充実をはかることを意識するのもよいでしょう。
 体調管理は社会人の常識であると、心得てください。

【関連記事】
40歳ならどう計画をたてる?
市場価値を知って対策をたてる
在職中と退職後、どちらを選ぶ?

 - 転職活動の進め方

  関連記事

在職中と退職後、どちらを選ぶ?

40歳の在職中の転職活動  在職中の40歳であれば、勤務先で責任ある職務を任され …

市場価値を知って対策をたてる

市場価値に見合った転職活動を行う  40歳までの職歴と実績によって、あなたの転職 …

40歳ならどう計画をたてる?

転職の目的を明確にする  40歳で転職をするかたには、目的を明確にし、それを実現 …