40歳からの転職を始める方法|必須情報レポート

*

40歳の面接対策

   

自分をアピールするための面接対策

 面接がうまくいくかどうかは、事前準備にかけた時間とパワーの量と比例すると言われています。聞かれる質問はある程度予測できますし、40歳の求職者がアピールすべきポイントは、自分個人の能力だけでなく、リーダーとして組織を引っ張れるスキルです。

 過去の実績の中で、面接官に印象づけるきっかけとなりうるエピソードを、企業研究の結果と照らし合わせて探してみてください。

 自分にしかないエピソードを、応募企業の求めるニーズに重ねてアピールすれば、入社後に貢献する姿をイメージしてくれるはずです。

企業を知るための面接対策

 40歳の転職の場合、入社後にミスマッチに気づいても、やり直しにくいという現実があります。短期間での転職は自分の評価を下げるだけですので、面接時にしっかり企業をリサーチしておくことが必要です。

 面接は自分が選考される場であると同時に、職場の雰囲気を肌で感じられる絶好のチャンスですので、面接の機会も大いに活用しましょう。

 例えば面接官に対し、「●●様が日頃仕事を進める上で、心がけていることを教えてください」と逆質問すると、企業の価値観を知る一助になるはずです。確認したいことに対し、逆質問を用意しておきましょう。

【関連記事】
40歳が気を付けたい面接マナー
40歳が語るべき志望動機

 - 面接の対策

  関連記事

40歳が語るべき志望動機

企業のニーズにいかにマッチしているかを語る  面接で企業側が志望動機を聞くのは、 …

40歳が気を付けたい面接マナー

時間に関するマナー  40歳ともなると、在職中に転職活動をスタートするひとも多い …