40歳からの転職を始める方法|必須情報レポート

*

40歳が気を付けたい面接マナー

   

時間に関するマナー

 40歳ともなると、在職中に転職活動をスタートするひとも多いでしょう。転職のための面接が、現職の業務に影響を与えてはいけないので、面接日時を就業時間外か、休日に設定するようお願いするひともいると思います。

 ですが、自分の就業時間外あるいは休日の時間は、面接官にとっても時間外であることが多いという前提を忘れてはいけません。

 「仕事がのびたので遅れます」と、電話一本で遅刻してくるような非常識な求職者は、その時点で不採用になっても文句はいえないのです。

 あくまで選考するのは企業側であることを忘れず、自分の都合で時間を動かすことがないよう、配慮してください。

質疑応答でのマナー

 40歳まで順当に実績をあげてきた応募者は、面接での自信に満ち溢れていることが多いです。自分の考えをしっかり持ち、自分なりのスタイルが出来上がっているのは、優秀なビジネスマンの素養の一つでしょう。

 ですが、それが面接官の目にどう映るかで、採否が決まってしまいます。40歳を中途採用するからには、いまいる社員と協調性を持って仕事ができるかどうかも重視されます。

 横柄な印象を面接官に与えると、不利に働くことが多いので、謙虚な姿勢で面接に臨んでください。

【関連記事】
40歳が語るべき志望動機
40歳の面接対策

 - 面接の対策

  関連記事

40歳が語るべき志望動機

企業のニーズにいかにマッチしているかを語る  面接で企業側が志望動機を聞くのは、 …

40歳の面接対策

自分をアピールするための面接対策  面接がうまくいくかどうかは、事前準備にかけた …