40歳からの転職を始める方法|必須情報レポート

*

途中入社だから注意すべきこと

      2015/10/22

冷静に観察するように心がける

 40歳の中途採用者に対し、経営陣がかける期待と現場での受け止め方には、大抵大きな差があるものです。

 即戦力として個人で実績をあげるとともに、ひとによってはプレイングマネジャーとして、部下を率いる可能性もありますので、プレッシャーも大きくなりがちです。

 だからこそ、社員一人ひとりを観察し、仕事に対する意欲や正確性、情報量の多さなどを把握しようという姿勢が大事です。

 自分が与えられたミッションを達成するために、誰とどう仕事を組み立てるべきかを考えられるよう、入社後3カ月は冷静な観察者でいることを、心がけてください。

仕事をしやすい環境をつくる

 会社で自分のポジションをつくるのは、自分自身です。仕事をしやすい環境をつくるためには、まず社内のルールやシステムを理解し、きちんと遂行できるようになることが前提ですので、どんなに効率が悪いと思っても、まずはきちんとマスターしてください。

 また、部下の仕事を積極的にサポートしながら、取引先や社内の情報収集を行うことを意識するのです。

 そして、内勤職員の中で誠意をもって仕事をする人材を探し、コミュニケーションをはかり、自分の足場を固めていくのです。

 社内で良好な人間関係を築くことに、注力しましょう。

【関連記事】
円満退職をするために
入社を決めるチェックポイント
「この転職は失敗だった」と感じた時、更なる失敗をしないために取りたい行動
今の会社から引き止めにあったらどうすればいいの?
退職時には有給消化をしておきましょう

 - 退職・入社の準備

  関連記事

退職時には有給消化をしておきましょう

■義務ではないが権利はある有給消化  労働基準法に明確に記載がある有給休暇。つま …

円満退職をするために

退職の意向は早目に伝える  会社を辞めても、そこで築いた人間関係は、その後の仕事 …

今の会社から引き止めにあったらどうすればいいの?

 転職するために今の会社を辞めようという段階になって、強い引き止めにあって心が動 …

「この転職は失敗だった」と感じた時、更なる失敗をしないために取りたい行動

エージェント利用での転職の場合には、まずエージェントに相談を  40歳くらいの年 …

入社を決めるチェックポイント

入社前のチェックポイント  転職は目的をもって行うものですから、その条件に合った …