40歳からの転職を始める方法|必須情報レポート

*

職務経歴書で見られるポイントとは

   

書類選考時のチェックポイントとは

 40歳を中途採用する場合、募集職種とマッチするキャリアと実績があることは、前提条件といっても過言ではありません。入社後に自社に定着し、経験者として安定した成果を出せる実務能力があるかどうかを、職務経歴書から読み取ろうとします。

 転職回数や在籍期間が重視されるのも、そのためです。合わせて、自己PRの中で自社への入社の意欲や熱意が感じられるかどうかも、重要なポイントです。

 企業研究をしっかり行ったうえで、自己分析の結果と照らし合わせ、自分がアピールすべきポイントを探しましょう。

マネジメントやリーダーの経験を必ず記載する

 そしてもう一つ、40歳の応募者の職務経歴で重視されるのが、マネジメントあるいはリーダーとしての経験の有無です。40歳の場合、個人のパフォーマンスの高さだけで採用になることは、まずありません。

 管理職として組織を率い、チームで成果をあげることを求められるのです。

 そのため、管理職経験者はどんな仕事で利益貢献した実績があるのか、未経験者はリーダーとしてチームを引っ張った経験があるかどうかを、わかりやすく伝えることで、面接に呼ばれやすくなります。具体的なエピソードを入れましょう。

【関連記事】
履歴書で見られるポイントとは
応募書類の送り方

 - 履歴書・職務経歴書の書き方

  関連記事

履歴書で見られるポイントとは

侮れない貼付写真  履歴書は、応募者の基本情報を応募企業に伝えるための書類です。 …

応募書類の送り方

封筒の書き方  応募書類を郵送する際は、守るべきマナーを守っているかどうかも、書 …