40歳からの転職を始める方法|必須情報レポート

*

求人情報媒体それぞれの特色

   

求人情報媒体の特色を知る

 「転職サイト」「転職エージェント」「ハローワーク」「求人情報誌」「新聞の求人欄」。これらはすべて、求人情報媒体と呼ばれるものです。こんなにたくさんの求人情報媒体があるのは、それぞれ特色があり、扱う求人が重ならないためです。

 「転職サイト」は、全国各地のいろいろな業界、職種の求人が集まっており、求職者がアクセスできる求人が最も豊富な求人情報媒体です。非公開求人や独占求人など、クローズドな求人を多く扱う「転職エージェント」には、ハイクラスな案件が数多く集まります。

 地元の中小企業の求人情報が集まるといえば、「ハローワーク」と「求人情報誌」です。ただし、一般職の求人が多いようです。「新聞の求人欄」に掲載される求人は、新聞の特性によって内容が異なります。業界新聞で紹介される求人は、専門スキルが必要なものが多いです。

求人情報媒体は併用する

 求人情報媒体は得意とする求人内容に違いがありますし、提供してくれる情報も異なるので、情報源として併用することをおすすめします。

 40歳の場合は、一社でも多く応募することが、納得のいく転職につながるので、情報網を広くして、気になるところにはすぐ応募するようにしましょう。

【関連記事】
転職エージェントだからできること
転職サイトはスカウト機能に期待

 - 求人情報の探し方

  関連記事

転職エージェントだからできること

転職エージェントの特長  転職エージェントは、専任のキャリアコンサルタントとのカ …

転職サイトはスカウト機能に期待

転職サイトのスカウト機能とは  転職サイトに自分の希望条件を登録しておくと、条件 …