40歳からの転職を始める方法|必須情報レポート

*

履歴書で見られるポイントとは

   

侮れない貼付写真

 履歴書は、応募者の基本情報を応募企業に伝えるための書類です。内容ももちろん大事ですが、40歳の求職者あからこそ、気を使うべきところがあります。

 それが履歴書に貼付する写真です。書いた内容と写真で受ける印象で、企業の採用担当者は、応募者の仕事への意欲や人物像をイメージし、面接に呼ぶかどうかを判断します。

 表情がよく見え整った髪型と口角があがった口元、しっかりと前を見据える目の印象を残すためにも、写真はスタジオで撮影してもらいましょう。

 また、履歴書撮影の際はスーツの着用が基本ですが、ネクタイやブラウスに明るめの色を使うなど、行動力をイメージさせる色遣いを心がけましょう。

書類選考通過のポイント

 40歳の応募者の履歴書で、企業の採用担当者が最も重視するポイントといえば、やはり「志望動機」です。

 募集職種で即戦力となれる根拠を自分で示せているかどうか、自社が中途採用者に求める人物像を把握できているかどうか、自社への入社の意欲は本物かどうか、自分の強みを把握できているかどうかを、「志望動機」の中から読み取ろうとします。

 自分の実績に基づき、具体的なエピソードを添えて、「志望動機」を書くことを意識しましょう。

【関連記事】
職務経歴書で見られるポイントとは
応募書類の送り方

 - 履歴書・職務経歴書の書き方

  関連記事

応募書類の送り方

封筒の書き方  応募書類を郵送する際は、守るべきマナーを守っているかどうかも、書 …

職務経歴書で見られるポイントとは

書類選考時のチェックポイントとは  40歳を中途採用する場合、募集職種とマッチす …