40歳からの転職を始める方法|必須情報レポート

*

40歳からの転職でキャリアアップするなら。

1.40歳からのミドル世代に追い風が!

 転職サイトを運営する「DODA(デューダ)」の発表によると、2014年1月以降の求人数は、ほとんどの業界で増加傾向にあるといます。業績回復に伴い、新規マーケットの創出を目的にした投資が活発化する中、業界や職種に精通した専門スキルを持つ40歳以降のミドル世代が、俄かに注目を集めています。
 
 40歳以降の中途採用者に、企業が求める知識や経験を見てみると、圧倒的に多いのが「同業界・同職種」からの転職組です。その後、「異業種・同職種」「同業種・異職種」「異業種・異職種」と続きます。
 こうした企業が求める知識や経験を考慮しながら、採用年齢が広がる好機を逃すことなく、キャリアアップ転職を目指しましょう!

2.40歳からの転職で強調したい強み

 40歳からの転職組にも追い風が吹いていますが、採用格差が広がる懸念も残されています。少子化の影響もあり、労働力確保という意味もあって、中途採用者の年齢は引き上げられますが、専門スキルや経験レベルを引き下げてまで、コストのかかるミドル世代を採用することはありません。そのため、強調しておきたい強みがあります。

・募集している業界や職種で、流行の最先端あるいが新規開発を行うスペシャリストであること
・企業の利益に直結する専門スキルと、15年以上のキャリアを持っていること
・プレイングマネジャーとして、部下の指導・育成に積極的に取り組んだ経験があること

 不景気で新卒採用を見送ってきた中堅・中小企業では、これから中間管理職を担うべきロストジェネレーション世代の人員を育成できていないという、共通の課題を抱えています。この課題を解決できる、即戦力として成果もあげつつ、将来の幹部候補生として組織運営、人材育成に前向きであることを、積極的にアピールしましょう。

3.40歳からの転職成功者に共通するもの

 40歳からの転職に成功したひとに話を聞くと、共通点が多いことに驚きます。

・自分のキャリアビジョンが明確であること
・自分が望む職場環境や生活スタイルも明確であること
・しっかり企業研究していること
・常にポジティブシンキングで転職活動を行っていること

 これは、転職活動を行うにあたって、自分の市場価値を知り、希望条件の優先順位をつけられるから、前向きに取捨選択できるということです。仕事内容や勤務時間帯、休日数、給与など、転職希望者にも希望があるのは当然です。ですが、そのすべてを満たす転職を果たせるのは、ヘッドハンティングされる実力があってのことです。現実と折り合いをつけながら、ポジティブシンキングで決断できるひとが、40歳からの転職に成功しているのです。

4.転職サイトはもっと活用できる!

 40歳からの転職サイト活用術は、単に求人を探すことだけではありません。複数の転職サイトに登録し、応募したい企業のライバル会社の情報と比較検討することで、企業研究の一助にもなるのです。主にミドル世代を対象にした、ハイクラス・エグゼクティブな求人ばかりを集めたものや、キャリアと実績だけで採否を決める外資系企業に強いところなど、転職サイトごとに特徴が異なるので、リサーチしたうえで選ぶとよいでしょう。

 また、大手の転職サイトは、企業と個人のマッチングによる人材紹介がメインの転職エージェントと、連携したサービスを展開していることが多いです。転職エージェントには、非公開求人や独占求人が集まりますので、こうしたサービスがある転職サイトには、必ず登録しましょう。

5.ミドル世代の転職サイト活用体験談

いまより条件を下げてまで転職したいとは考えていなかったので、転職サイトに登録し、長期戦で活動を始めた。転職サイトに自分の経歴を登録したことで、自分の市場価値を知ることができたし、何より業界別の市場動向を知ることができたのが参考になった。昨年は応募数そのものが少なかったが、今年は求人数がアップしているので、この好機を逃さず、積極的に応募しようと思う。(44歳 男性)

 転職サイトの中には、業界別の求人数予測などの情報を、半期あるいは月ごとに更新しているところもあります。一年の中で求人が増える時期や、業界によってひとが動く月など、自分の欲しいピンポイントな情報を手に入れられるのも、転職サイトの魅力といえます。

転職サイトに自分の経歴を登録しておくと、企業から直接スカウトが届くサービスがあります。最初は全然スカウトメールが来なくて、自信を失いかけたのですが、レジュメのチェックツールなどを活用し、定期的に見直しをかけるようにしたところ、オファーが増えてきました。オファーをくださった会社は、異業種で同職種の募集だったのですが、思い切って面接に伺い、内定をいただきました。(42歳 女性)

 企業からのスカウトを待てるのも、転職サイトの特徴の一つですが、レジュメの作成やチェックツールを用意し、内容をブラッシュアップするのは有効な方法です。さらに、スカウトは必ずしも同業種・同職種からくるとは限りませんので、自分の選択肢を広げる意味でも有効です。

6.40歳からの転職に必要なもの

 40歳からの転職に成功するために、必要な能力があります。それは、転職活動中に、市場の動向と自分の価値をすり合わせ、チューニングポイントを見つけ出す能力です。転職するからには、いまの自分よりプラスがあるものにしたいという気持ちは、誰もが持っています。ですが、そのすべての条件を満たす求人は、きっとありません。

 そして、あなたが望むのと同じように、企業も中途採用者に望むものがあります。応募企業のニーズに対し、自分がどこまで応えられるのかを明らかにし、短期的にも長期的にも企業に成果をあげられることが伝われば、好条件を引き出せる可能性はあります。

 40歳からの転職に成功するためには、高いプレゼン能力も必要だということです。自分を客観的に見つめ、ポジティブシンキングで行動の幅を広げること、情報や活動の制度を高めること、応募書類や面接を通して企業と積極的なコミュニケーションをはかろうという気持ちを持つことが、明るい未来を引き寄せてくれるのです。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
・45歳以上までの幅広い層をカバー
・便利なサービスを多数ご用意
・スカウトのオファー数は1か月200万通以上

公開日:
最終更新日:2015/04/02